FANDOM


タクシードライバーの推理日誌
ジャンル テレビドラマ
放送時間 土曜ワイド劇場(111分)
放送期間 1992年5月9日 -(29回)
放送国 Flag of Japan 日本
制作局 テレビ朝日
監督 吉田啓一郎
脚本 坂田義和(第6作 - 第16作、第18作 - 第22作、第25作-) ほか
プロデューサー 佐藤凉一(テレビ朝日)
小越浩造(ユニオン映画)
元信克則(ユニオン映画)(第28作) ほか
出演者 渡瀬恒彦
平田満
風見しんご
小林健(第4作-)
林美穂 ほか
音声 ステレオ放送
字幕 文字多重放送
エンディング 土曜ワイド劇場』と同じ
外部リンク 土曜ワイド劇場
  

テンプレート:ドラマ タクシードライバーの推理日誌(タクシードライバーのすいりにっし)は、テレビ朝日系の2時間サスペンス「土曜ワイド劇場」で放送されているシリーズの一つである。1992年から放送開始された作品。主演は渡瀬恒彦で、2011年7月2日にシリーズ最新作の29作目が放映された。

概要編集

〜今日もタクシーは様々な乗客と彼らが抱える様々な事情を載せて街を走る。〜

基本的にはタクシードライバーの視点を通して、乗客が関わった事件(ほとんどが殺人事件)を解決していくという物。いわゆる『巻き込まれ型』の推理ドラマである。ドラマ『森村誠一のタクシー』は偶然にもこの作品と似通った部分を持つが(運転者の苗字が蛭間(ひるま)である点等)、無関係である。

出演者 編集

  • 夜明日出夫(よあけ ひでお)(タクシードライバー、元警視庁捜査一課刑事・警部補)…渡瀬恒彦
通称、「夜明さん」。警視庁捜査一課強行犯第7係の刑事だったが、ある事件で関わった女性の関係を週刊誌報道による濡れ衣をかけられ、刑事を辞職し妻(太地琴恵…声のみの出演)とも離婚し、タクシードライバーとしてチェッカー無線(車両協力は同無線に所属する大同交通である。)に再就職した。 アパートで一人暮らしをしている。自分の気が済むまで引っ掻き回すタイプ。「刑事というのは、何事でも自分の足で現地へ運ぶもの」と、元部下に捜査の足として自らのタクシーを半ば強制的に使わせ、ちゃっかり運賃を東山刑事からもらっている。日頃の売り上げの低下を長距離客で取り返す事から「ロングの夜明」などと、会社内外で半ば伝説のドライバーとなっている。毎回の事だが、長距離の移動を頼む乗客の背景には恵まれず、元刑事という経歴をアリバイに巧みに利用され、自分の客は犯人ではないとストーリー前半は神谷(平田満)に食って掛かるが、自分の主張が当たっていた事はない(真犯人ではなくても事件に関わっていたりする)。娘のあゆみに対しては適齢期が近い事もあってなのか、異性関係等についてはいつもハラハラしている。第18作では娘のために、個人タクシーへと転進しようとするも、規定の無事故無違反まであと一日で駐車違反をしたため、その夢は消え去っている。使用している車は会社の物(トヨタ・クラウンDX)だが、引退するドライバーから車両(日産・セドリック)を譲ってもらえるようになったこともある(そのドライバーが事件で死亡してしまったためその後の車両の扱いは不明)第十八作目。
担当車は1作目から3作目まではイースタンの138号車で車種はマツダ・ルーチェ、4作目以降は大同交通1646号車で4作目から9作目まではトヨタ・クラウン130系前期、10作目から15作目まではトヨタ・クラウン130系後期(4作目から15作目までのクラウンは前期、後期共に四つ目ヘッドライト、ベンチシートのコラムAT)、16作目以降はクラウンコンフォートとなっている。
  • 西村あゆみ(夜明の娘)…林美穂
離婚した母親の方に引き取られたが、なにかと夜明のアパートに押しかけて来る。

警視庁 編集

夜明の元職場であった、警視庁の人たち

警部補。夜明の元部下。よくしごかれた関係からか「民間人の夜明さんには関係無いですから」などと言いつつ、民間人としての捜査協力である夜明の暴走行為を許してしまう。
  • 国代義明(捜査一課強行犯第7係刑事)…小林健[第4作〜]
巡査部長。よく夜明のタクシーに聞き込みにくるついでに長距離利用を頼んだり、逆にノルマ消化に利用されたりしている。東大卒。
  • 神谷雅昭(捜査一課強行犯第7係係長)…平田満
警部。夜明の同期で元部下。通称「ヨイショの神谷」。愛妻家で、六人の子持ちである。一見、陰険な性格と思われがちだが、夜明の最大の理解者であり、その敏腕振りには一目置いている。東大卒。警視を目指している。

タクシー会社 編集

夜明の勤務するタクシー会社の営業所の人たち

営業所でもっとも扱いにくい夜明に頭を悩ませている。
夜明の同僚タクシードライバー。
夜明の同僚タクシードライバー。

乗客 編集

番組冒頭で夜明のタクシーに乗っている客。登場初期は深見亮介と夫婦役の同一人物であったが、現在は回毎に違う役である。


放映情報 編集

放送作品 編集

話数放送日サブタイトル脚本監督音楽視聴率
1 1992年5月9日 殺人化粧の女・山が動いた!? 岡本克己 吉田啓一郎 長谷部徹
2 1993年10月2日 昼下がりの危険な乗客 浴槽に美女の死体が!
3 1994年4月16日 春呼ぶ殺人 女の死体に桜が散った… 竹山洋
4 1994年10月1日 幸福の代償 妻と別れたい男の殺人契約!?
5 1995年5月27日 行き先のない乗客 “人を殺した”とその女は言った…
6 1995年9月30日 再会した女 湘南-松本 500キロの殺人!? 坂田義和
7 1997年1月11日 真夜中の殺人招待状! 夢を捨てた女の危険な誘惑… 17.9%
8 1998年1月10日 愛と死の殺人迷路 東京-新潟350kmを死体が走った?! 17.4%
9 1998年4月18日 過去から来た女・時効直前消された殺人犯!護送車をスクープした女記者・長距離客には危険な罠が…? 16.7%
10 1998年12月12日 黒いひまわりの女 伝説の湖だけが知るアリバイ崩しの謎とは? 神戸-別府-湯布院殺人ルート 14.3%
11 1999年6月5日 亡霊殺人!盗まれた指紋、追尾された走向軌跡…驚異の罠を仕掛ける見えない敵の正体は…!? 17.4%
12 2000年1月22日 殺意のハンドル 美人ドライバーに殺人容疑が…腹に2つ背に1つ、3つの刺し傷の謎とは? 15.8%
13 2000年8月26日 死にたがる乗客 夫が愛人と心中? ルート139黒い樹海にトリックが… 16.9%
14 2001年4月14日 身代金を運ぶ乗客! 東京-神戸600キロに仕掛けられた殺人トリックの罠 刑事が愛した女 16.6%
15 2001年10月13日 二つの顔を持つ乗客・移動距離520キロの殺人トリック、愛犬が見た死体! 18.5%
16 2002年7月6日 完全犯罪への抜け道 乗客の女子高生が殺された! 女弁護士が勝ち取った無罪に三重の殺意 13.5%
17 2003年7月12日 追跡する女乗客の秘密 東京-房総海底トンネルが結ぶ赤い殺意! 安井国穂 19.4%
18 2004年4月3日 バックミラーの殺意 開いた窓と音の出ないラジオが暴いたアリバイトリック! 坂田義和 10.4%
19 2004年10月30日 京都〜金沢、老舗料亭の母娘に悲しい秘密…死体を連れた幻の乗客!? 16.0%
20 2005年4月9日 山口までと彼女は言った…東京〜関門海峡1,100km殺人・初恋の女の完璧すぎるアリバイ!! 15.8%
21 2005年10月8日 殺人占いの女! 東京〜飛騨高山・拉致誘拐、連続殺人…二人の母の殺意が交差する!?
22 2006年9月16日 会津若松〜殺人無罪の乗客・チップでもらった野口英世の謎!?女三人の愛憎が仕組む二つのえん罪!! 14.9%
23 2007年10月6日 東京〜蔵王、死体と待ち合わせた女・死者の電話と赤い傘が作った完全犯罪!? 坂上かつえ 14.6%
24 2008年9月13日 同時殺人の乗客!!東京〜伊豆海岸、記録された20秒間の疑惑!?死者を抱く女… 15.7%
25 2009年4月11日 東京〜宮崎日向灘、殺人画廊の乗客!!慰安旅行で巻き込まれる謎の連続殺人!?再会した女に秘密あり 坂田義和 11.7%
26 2010年1月23日 東京〜京都・琵琶湖〜土地鑑のある乗客・花婿の死体が二度消える!!遠隔殺人された女社長の秘密 17.1%
27 2010年10月9日 甲州石和~殺意の子守唄・車内に赤ちゃんの忘れ物…!?密封された死体の謎 13.1%
28 2010年12月11日 能登和倉~午前3時の同乗者!!深夜ラジオに届いた殺人リクエスト!? 15.8%
(再) 2011年3月19日[1] 春の傑作選~東京〜京都・琵琶湖〜土地鑑のある乗客・花婿の死体が二度消える!!遠隔殺人された女社長の秘密 15.8%
29 2011年7月2日 塀の中からの乗客~星降る夜のアリバイ殺人!!吸い取られたDNAと謎の記号の秘密! 塩田千種 吉田啓一郎 長谷部徹 13.7%

ゲスト出演者 編集

話数ゲスト出演者(役名・役柄)
第1作 七瀬なつみ横須賀昌美高島礼子矢沢美樹趙方豪遠藤憲一伊藤洋三郎でんでん伊藤眞椎谷建治高尾美有紀川原和久松本幸三松永忍水谷誠伺山村陽美森下哲夫木田三千雄絵沢萌子豊田香織北条ユキ高野菜津穂岩波澄子今井慶子昆野千絵日置将士服部ジュン頭師孝雄
第2作 香坂みゆき河原さぶ川村一代河合絃司小林沙世子久我美智子溝口順子早瀬翼木村静奈ピース帆足宮城健太郎きくち英一大石源吾山田亮篠原宣子、田村憲司、太地琴恵、斉藤洋介長谷川初範
第3作 大寶智子南田洋子片桐竜次斉木しげる小島なおみ斎藤清六三浦賢二新井量大井上裕季子坪井由理武蔵拳、山田亮、中川真弓木村栄広田恵子
第4作 寺尾聰若林志穂桐生ユウ子真夏竜千葉裕子木原三貴西村淳二キモサベポン太矢野いづみ松本幸三西凛太朗小山昌幸中嶋しゅう瀬戸陽一朗森喜行ト字たかお森厚太相馬剛三重松収大石源吾加藤紫乃宇ノ澤明子藪下昌未
第5作 高橋惠子深水三章中丸新将下元史朗伊藤高、川原和久、村上聡美、松本幸三、剛州染谷勝則二瓶鮫一石黒正男本田清澄三上剛史海一生町田政則崎津隆介、山田亮、椿田昇耶中村由起子松本明代今井慶子篠原咲
第6作 阿木燿子鍵本景子望月太郎松阪隆子五十嵐美恵子佐々木敏服部妙子小川隆市伊藤昌一世古陽丸有福正志、山田亮、江口尚希宮内美穂西岡ちあき工藤英氏高土新太郎井上淳横田真子江原智穂阿藤海
第7作 美保純西岡徳馬石田太郎山内としお遠藤憲一内田春菊松井紀美江三上春巳貴山侑哉、重松収、高橋かすみ井上博一石原辰己小林操大場健二阿部朋子山田アキラ山本ふじこ河野達也井鍋信治太田有美滝川なお前原実乃木卓哉鈴木美穂三枝永利
第8作 田中美奈子秋野太作児島美ゆき、貴山侑哉、青島健介あいだもも大島蓉子伊藤隆、キモサベポン太、俵一後藤修西脇礼門岩田博行、田村憲司、春日シロウ剣持直明村山桂子重田千穂子、山田アキラ、中村勲岡本徳彦吉田祐健衛藤なほか穴繁加奈子金子貴俊しお美奈子佐久間直美近藤ほなみ
第9作 洞口依子大和田伸也佐渡稔出光元草薙良一、中嶋しゅう、矢沢美樹正木蒼二小林尚臣深見亮介神乃毬絵巴三枝飯島大介中野亮、山田アキラ、岩田博行、松本幸三、山上賢治、中村勲、荒井達也森厚太、大島蓉子、坂田雅彦
第10作 佐藤友美春田純一黒沢あすか石山律雄長戸勝彦川端良香斉藤暁、深見亮介、大島蓉子、田中要次藤野晃、中村勲、清家利一、岩田博行、まさき博人木村友美光井みほ佐藤恵山崎裕里牧野康江武本靖子きどゆういち
第11作 伊藤蘭火野正平梅津栄浜田晃、斉木しげる、大島蓉子、山田アキラ、深見亮介、田村泰二郎片桐竜次舟木幸
第12作 松重豊有沢妃呂子、大島蓉子、深見亮介、渕野直幸市川勇、岩田博行、伊原幸司十日市秀悦吉田朝海砂利水魚上田晋也有田哲平)、重水直人細野哲弘中村万里入江麻友子今井慶子日高圭智神戸美優中村有沙山田賢太郎服部妙子モロ師岡杉山とく子木村元原田大二郎国生さゆり
第13作 秋本奈緒美石丸謙二郎内田春菊、遠藤憲一、田村友里
第14作 細川直美本田博太郎岡まゆみ
第15作 藤真利子正司歌江中山仁九十九一、春田純一、神田利則近童弐吉かわいのどか伊藤美紀江口ナオ
第16作 古手川祐子渡辺梓田山涼成木下ほうか山口粧太河西健司山田スミ子水木薫佐渡稔三国由奈
第17作 藤田朋子宇梶剛士温水洋一神保悟志森崎めぐみ高木りな永田めぐみ、中島マリ、村松利史、宮下敬夫、河田義市、深見亮介、早川純一、黒田大創、千田孝康、日比谷雷太、杉山健一、藤沼剛、柳野コウセイ(今田次郎)
第18作 荻野目慶子長門裕之升毅不破万作中村繁之伊藤敏八、木村栄、白石マル美牛尾田恭代日比野玲愛川裕子吉川則男拳武秀旭高尾一生、森厚太
第19作 中原果南岡田茉莉子渡辺哲池田政典小沢和義嘉門洋子大島蓉子舟木幸野口貴史、三星登史子(矢口多恵子)、三田村周三白井滋郎、三田村賢三、二橋進、川本浩司、網野あきら、春延朋也、山田アキラ、石井洋、塚林淑江、木元としひろ、木下通博、山本容子、鈴木みゆき、上野央
第20作 高橋ひとみ金田明夫石丸謙二郎上杉祥三春海四方奥田綾乃山田スミ子市川千恵子
第21作 誠直也中島マリ深見亮介日向勉奥山信義、山田アキラ、佐伯直之浜辺高徳仮屋ルリ子梅村嘉朗原真司斉藤レイ小池里奈四方堂亘梅津栄野村真美美保純
第22作 賀来千香子梨本謙次郎矢島健一嘉島典俊梨田光太郎メイサツキ赤座美代子大寶智子
第23作 角替和枝大島蓉子森岡豊二階堂千寿緒方美穂吉舎聖史昼真りえ寒河井譲伴杏里若林志穂ヒロシ小木茂光淡路恵子田中美奈子
第24作 床嶋佳子伊藤洋三郎松本留美沢田雅美西興一朗佐戸井けん太本城丸裕菊池健一郎山本みどり、大島蓉子、沼田爆ぶっちゃあかねちくけんじ、山田アキラ、福原百合西尾久美子吉川亜輝徳井広基
第25作 東ちづる佐藤友美平幹二朗火野正平佐藤二朗林泰文東国原英夫北原雅樹深水三章大島蓉子早川伸吾作間ゆい
第26作 原沙知絵中原丈雄東てる美榊原利彦尾崎由衣、山田スミ子
第27作 中山忍田中実小島可奈子市毛良枝、大島蓉子、正名僕蔵(馬場刑事)、荒谷清水岩本千春
第28作 とよた真帆村田雄浩伊東孝明吉川拳生中西良太小川奈那、大島蓉子、小林尚臣 ほか
第29作 国生さゆり(市川志穂)、林泰文(大島和樹)、遠野なぎこ(陣内はるか)、山本圭増山加弥乃綾田俊樹谷川昭一朗宮内敦士、正名僕蔵(馬場刑事) ほか

スタッフ 編集

脚注 編集

テンプレート:脚注ヘルプ

関連項目 編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki