FANDOM


ナサケの女
〜国税局査察官〜
ジャンル テレビドラマ
放送時間 テレビ朝日木曜ドラマ(54分)
放送期間 2010年10月21日 - 12月9日(8回)
放送国 Flag of Japan 日本
制作局 テレビ朝日
演出 松田秀知
田村直己
脚本 中園ミホ
プロデューサー 内山聖子
木内麻由美
梅田玲子(協力プロデューサー)
出演者 米倉涼子 ほか
音声 ステレオ放送
字幕 文字多重放送
エンディング DREAMS COME TRUE「LIES, LIES.」
外部リンク 公式サイト

特記事項:
初回・最終回は22:09まで放送。
  

ナサケの女 〜国税局査察官〜』(ナサケのおんな 〜こくぜいきょくささつかん〜)は、2010年10月21日から同年12月9日まで、テレビ朝日系列で、毎週木曜日の21:00 - 21:54(JST)に、『木曜ドラマ』枠内で放送されたテレビドラマである。初回と最終回は15分拡大して、22:09まで放送。

キャッチコピーは「この女、“金”を追う。」。

内容 編集

国税局の査察官を題材にしたテレビドラマであり、1987年に公開された伊丹十三監督の映画「マルサの女」のオマージュ的作品とも言える。その影響から、本ドラマのナレーションにマルサの女シリーズで花村統括官を演じた津川雅彦を起用している。 作品には税務監修として元国税局職員で著作家大村大次郎を起用しており、実際に国税局査察部内で使用されるさまざまな隠語が登場する。本ドラマタイトルの「ナサケ」も国税局査察官(マルサ)の中の情報部門を指す隠語である。尚、勝村政信が演じる日野敏八が所属する実施部門は「」と呼ばれる。 この他にも脱税容疑者が隠し持つ現金に対して「タマリ」などの隠語も回を重ねながら使用される。

内容としては職業物の刑事ドラマ的な要素が強く、ドラマの進行としても勧善懲悪且つ1話構成で毎回ゲストが脱税容疑者として登場し、これらを裁くという至ってシンプルな構成である。しかし、主人公松子の周囲に様々なクセのある人間が絡み、回を重ねるごとに人間ドラマも描写される。

キャスト 編集

レギュラー 編集

東京国税局 編集

査察部情報部門査察第18部門編集
査察官(サカン)。西伊豆税務署に所属する査察官であったが、実績を買われ新田の引き抜きによって東京国税局勤務となる。職場にはほとんど私服で出勤したり、時間外の勤務を嫌ったりする(但し、退勤後の時間は独自の裏調査に費やしている)為、あるいはマイペースで誰とも馴染まない為に協調性を疑われ、部内の大半の人物から敬遠されるものの、独自の「勘」で強引かつ大胆な調査を行う。統括官の曽根から三木とコンビを組むように言われ行動を共にするが、突如独断で抜け駆け調査を行う事も多い。一見冷徹な人間のようにも見えるが、実は人情味に溢れた人物であり内偵調査やすでに自供した脱税容疑者と打ち解けて腹を割って話すなどコミュニケーション能力もある。過去にヤンキーだった縁から赤川を筆頭とした子分達に慕われているが、自身が税務査察官である事を知られたくはないらしく、子分に職業を尋ねられても「消費者金融の取り立て」と答えている。「脱税してる奴は日本の道路を走るな !」が口癖[1]。内偵の為には手段は選ばず、第1話では令嬢のように装って愛川に近づき、第4話ではタキと健太郎に近づく為に住居へ押しかけたり、サチが以前勤務していたキャバクラで客とつるむなどして情報を得ようとする。大の酒好きで、犬養ほどではないが利き酒の能力もある。その他に大型バイクの運転、ダイビングなどもできる為、運動能力も極めて高い。
査察官。着任早々の松子と組まされることになる。独断専行の松子に振り回されつつも、目前で様々な脱税を暴いている松子に一目置いている。第18部門では唯一の味方ともいえる存在で、徐々に松子に対して手助けをするようになる。
査察官。七三分け眼鏡という古典的なスタイル。気が弱そうなところもあるが、些細な物事に執着するタイプでもある。最終話で犬養に対し「一美」と呼んでいたことから犬養との結婚、そして父親になることが明らかになった。
チーフ主査。出世欲が強く、曽根に対してとりなしを持とうとする。但し、松子が異動してからは彼女の言動に振り回される面も多く、厄介な事に介入したくないからか閑職に追いやろうと曽根に助言したりする。幼稚園に通う娘と、そのお受験に熱心な妻がいる。
査察官。真面目で気が弱いが査察部内随一のパソコンマニアであることからIT系に非常に強く、査察内でその力量を買われている。
査察官。噂好きですぐに対人関係の噂を勘繰る癖があり、その根底には自身の結婚相手に出世が深く絡む男性との縁を欲しているようである。
統括官(トウカツ)。松子の上司。一見、強面だが実は情に厚くて妻子を愛する家庭人でもある。何事にも大きな波風を立てる事なく退職し、その後は税理士として安泰な生活を送ることを夢見ている。しかし、松子が異動してきてからはその本願が危ぶまれていると感じており、第2話では酒の席で日野につい愚痴をこぼしていた。
主査(ヌシ)。松子の上司で、過去に何件もの巨額脱税を摘発しているというキャリアウーマン。クールな理性派で、直感的に行動することが多い松子とは対極の立場にいる。但し、松子を完全に嫌っているわけではなく、第2話で松子が独自に調査した内容を「有り得る」と評価する面も見られる為、あくまで「勘」を重視して行動する松子を批判しているだけで、裏づけのある情報内容に関しては納得する傾向がある。第4話では松子とコンビを組まされる。査察官である事を誇りに思っており「女の武器」を使う事を極度に嫌っている。ワインテイスティングが出来るらしく、微量のワインを口に含むだけでワインの原産地、年代、おおよその価格まで把握できる。最終話で自ら妊娠中の身であることを明かし、その後五藤との結婚も明らかとなり、主査の職を辞め、税務署の相談役となった。
他部門の査察官編集
実施部門査察第37部門・統括主査(ソウカツ)。高卒でノンキャリアの一人。実施部門の仕事に収まりきれず、情報部門のメンバーにやたらと絡みたがり、18部門に入り浸っている。いったん火がつくと熱くなるタイプで、特に脱税容疑者の取り調べでは極端なドSに変貌する。第4話に登場する小田サチがキャバクラ嬢だった頃、日野のお気に入りだった。
国税局幹部編集
東京国税局査察部長(イチバン)。ハーバード・ビジネス・スクール卒、経営学修士の学位を持つキャリア組筆頭の出世頭。いずれは財務省に戻って事務次官の座を目指す男。松子を西伊豆税務署から引き抜いた張本人でもある。一見、非常に固い人物でもあるが松子の才能を見抜いており、独断専行を叱責する反面、期待もかける。第1話で松子と居合わせたエレベーターで足元に100円が落ちていた時、気付いていないフリをしながら100円を拾ってバツが悪いところを見られてしまう。財務省の人事が近づいているようで省の上役から「君は国家を担う人間だ。安っぽい正義感など捨てろ」と言われる。第7話で萩原に撃たれ瀕死の重傷を負うが、驚異的な回復力を見せ、花形不動産の事件後に晴れて財務省事務次官の座に就く。

その他 編集

「鉄子の部屋」の常連。ヤンキー仲間の一人で、松子からは「友也」と呼ばれ、最も松子を慕う子分。現在はクリーニング屋を営んでいるが、松子に頼まれれば仕事そっちのけで調査に協力し、バイクを駆って追跡したり、張り込みを行ってカメラで撮影する等している。両親共に他界していると本人は語る。4歳の時に山井興業の運転手で裏金を運ぶ仕事をしていた父・真が自殺して、ずっと金を憎んでいたが、第5話でヤンキー時代の先輩である萩原からダンボール箱を預けられ、その中身が表に出してはいけない金だと知ると、ダンボール箱に入っていた3億円をすべて持ち出し、汚い金で不幸になった父親と違い、自分はそれで幸せになると、松子らの制止も聞かずに海外に旅立ってしまう。第7話で渡航前に「鉄子ママごめん。色々ありがとう」とだけ書いたハガキを鉄子に出していたことが明らかになる。
ヤンキー仲間の一人。赤川のクリーニング屋を手伝う。松子の事を「ねえさん」と慕い、友也に来た松子からの依頼も手伝いたがる。友也がいなくなった後は「鉄子の部屋」で働いている。
オカマバー「鉄子の部屋」のママ。唯一、松子が腹を割って話せる存在。第2話で松子に以前の職業を聞かれ「ネクタイを締める職業」であったと語っている。第1話から第3話までの最後の場面にて、雨の中子供の前で現金を埋めていたり、その雨の記憶を友也がおぼろげに覚えている様であるなど、謎の多い人物だが、第5・6話にて新田から元東京国税局の主査であること、第7話にてみどりから本名が百瀬徹男であることが言及されている。[2]
「鉄子の部屋」の店員。

ゲスト 編集

第1話
ホストクラブ「フィナーレ」の常連客でリュウジに大金を貢ぐ主婦。しかし、これは表の顔で裏ではFXによって10億円近い所得を隠している張本人であった。リュウジに一軒家まで与えるなどをしていた。リュウジは谷口にとって都合の良い「所得隠しの窓口」で、FXも相川祐希名義(リュウジの本名)で行う事で国税局の捜査の目から逃げていた。
  • 愛川 リュウジ(本名:相川祐希) - 金児憲史
ホストクラブ「フィナーレ」の№1ホスト。「フィナーレ」のガサ入れの後に東京国税局に疑われた人物。相川祐希名義で銀行に多額の現金取引があることから国税局が当初に目をつけた脱税調査のターゲットになっていた。しかし、松子は愛川に行った質問の中「FX」をどこかのブランドと勘違いし、ポンドをどこの国の通貨であるかも分からない程金銭に鈍感である事から彼が真犯人でないと悟っていた。結果、谷口に利用されていただけの人物で、谷口が愛川に与えた一軒家からは多数の取引用のニセ印鑑やの延べ板を輸送した小包の袋などが発見され、一旦は身柄を拘束される。
西伊豆で脱税を摘発された社長。自分だけ捕まって不公平だ、と松子に文句をつけるが、全て「そうですね」の一言でかわされる。
ホストクラブ「フィナーレ」のオーナー。愛人宅に泊まっている時にガサ入れを受け、「フィナーレ」は潰れた。
第2話
HBSでMBAを取得したやり手の経営コンサルタントであり、著書でリーマンショックを予見した事から評価され、又は彼女の美貌から注目を集めていた。税理士の白石と共同経営していた会社を2003年に倒産させており、その後留学したHBS内で新田と知り合っている。松子は彼女のtwitterによるつぶやき(「○○○なう」が口癖)や、あるいは著書内での記述と実際の行動パターンとの矛盾に着目し、過去を調べると毎年10月24日にのみ桐島の不審な点を発見する。そして2003年の倒産が偽装倒産であった事が後に暴かれ、最後には自身の味方でもあった白石によって洗いざらい暴露された。
桐島の顧問税理士。関東税理士会の名誉会長でもあり、過去において桐島と会社の共同経営者でもあった。長く密接な関係から桐島への想いを募らせており、毎年の10月24日だけは「会社倒産記念日」としてレストランを予約して2人だけの秘密として共に過ごしていた。又、桐島に対して税務や財政に対するノウハウを教授した師でもある。しかし、桐島の贅の限りを尽くすような豪遊など彼女の行動に対してすでに疑念を持っていたようで、周囲から脱税の疑惑が上がったこの年の10月24日に予約していたレストランに桐島が現れず、代わりに松子から桐島の意中にはもう己の姿がないと知らされた事がトドメとなり、自らが作成した脱税帳簿を国税局に提出し全てを白状した。
第3話
キャリア官僚の子供達も多く通う名門校、京徳学園の理事長。過去何度も国税局の調査を裏で握り潰してきており、曽根と三木もかつて煮え湯を飲まされていた。
ひだまり塾の塾長。「通学訓練」と称して生徒に京徳学園へ裏口入学の為の賄賂を運ばせていた。
第4話
山梨県・勝沼で小田葡萄園を営む資産家。10年前に夫に先立たれ、健太郎と二人暮らしで昔気質な人柄。葡萄園以外にワイナリーマンション7棟、ビル3棟などを所有する。当初、松子が健太郎と居合わせた婚活パーティーにて健太郎の話を聞いて健太郎の母の財産について怪しむ。その後、夜中に現金を畑に埋めていたのを松子が発見するが、これらの現金については正しい申告をしており、タキの親心と心意気を聞いた松子はタキに対する脱税の疑いを捨て去る。しかし、その数日後に心不全で急死する。
タキの長男。独身で婚活中。脱税容疑のある結婚相談所が主催する婚活パーティーを内偵捜査中の松子と同じ卓についた為に、自己紹介から隠し財産を疑った松子につきまとわれる事になった。犬養のようなクールな女性を好むが、母のタキは農家の嫁がつとまるような気の強い活発な女性こそ健太郎の嫁に相応しいと感じており、温厚で不器用な健太郎を心配すると共に、その誠実さと真面目な性格を買って将来も農家の跡目として継がせたいと思っていた。タキが畑に現金を埋めていたのも、健太郎が畑の中から現金を出土させたとき、彼ならばそれを警察に届けるだろうと見込んでの事であり、財産の半分を持っていかれる相続税よりも、遺失物を届けて財産となった場合の所得税とした方がより多くの遺産を健太郎に残せる事を知っての、せめてもの親心であった。
タキの次男。高級腕時計をコレクションにするなど、浪費癖があるようである。タキと健太郎が住む母屋とは別の離れに妻のサチと暮らす。タキの死後、マンション、ビル、貸地、有価証券などを相続したが、サチから健太郎の相続した畑にタキが現金を埋めていた事を聞いており、康夫はサチと共謀してこれらの現金を掘り起こし、葡萄園敷地内にあるワイナリーの樽の中に現金を隠していた。
康夫の嫁。元キャバクラ嬢。農家の嫁に来ても濃い化粧やスパンコール付きのキラキラした服を着用したり、ネイルに凝るサチの人物像を見て生前のタキは農家の嫁としていかがなものかと感じていた。タキが畑に現金を埋めていたところを目撃し、康夫と掘り起こした。掘り起こした現金を隠す為に生前タキが大事にしていた1970年物のヴィンテージワインの樽を全て空けて、その中身を瓶に移し替えていた。脱税容疑で家宅捜査が行われた際にその瓶が割れ、犬養の利き酒によって樽の中に現金を隠している事が判明してしまう。
新田の上司で財務省の上役。新田を中華料理店に誘って今後の在り方を指南するが、その根底には近い将来に人事が動く事を想定して第3話に脱税を立件した京徳学園の様に財務大臣の横槍を喰らう可能性のある案件には二度と手を出すなと釘を刺すものだった。又、新田に「君は国家を担う人間だ。安っぽい正義感など捨てろ」と苦言を呈した。
第5話
大田原建設社長。
派遣社員。友也にスーツの染み抜きを依頼するが、職探しや貧乏暮らしに疲れ、アパートの自室で首吊り自殺する。
第5・7話
大田原建設の現場監督。3億円を持ち逃げし、ヤンキー仲間だった友也に預ける。
山井興業常務。
第6話
宗教法人『運命教会』兼ブライダル産業『ふれあい産業』代表。会長の大鳥とは長年の内縁関係にある。
ブライダル産業『ふれあい産業』グループの創立者で、現在は会長。鉄子の部屋の常連客でもある。愛人が何人もいる。
大鳥の愛人のひとり。『ふれあい産業』グループの結婚紹介所の代表と、宗教法人『運命教会』で愛のアシスタントをしている。
大鳥の愛人のひとり。『ふれあい産業』グループの結婚式場で支配人を務めている。
大鳥の新しい愛人。
第7話
大手人材派遣会社『アオヤマビジネスサポート』社長。その美貌で、政財界の大物たちを利用し、会社を大きくしたという噂もある。
第7・最終話
脱税疑惑のある『花形不動産』社長。山井興業や大田原建設とも関係が深く、政治家ともつながりがあるという噂もある。
最終話
花形の妻。
代議士。
二世議員。父の地盤を受け継ぎ選挙に立候補する。

スタッフ 編集

主題歌 編集

サブタイトル 編集

各話放送日サブタイトル演出視聴率
第1話2010年10月21日マルサの女帝vs10億円脱税主婦!松田秀知17.6%
第2話2010年10月28日マルサvs3億脱税の時効!13.1%
第3話2010年11月4日5歳が運ぶ…お受験脱税!?田村直己12.6%
第4話2010年11月11日遺産!? 畑に5億を埋める女15.1%
第5話2010年11月18日最愛の友と消えた3億円!松田秀知12.1%
第6話2010年11月25日愛人が4人! 金庫番の女帝田村直己13.0%
第7話2010年12月2日最後の大仕事〜ハケン脱税松田秀知11.8%
最終話2010年12月9日最終SP!! 20億脱税夫婦は日本の道路を歩くな14.4%
平均視聴率 13.7%(視聴率は関東地区ビデオリサーチ社調べ)

備考 編集

  • 武田鉄矢演じる鉄子は本来のストーリーには登場しない人物であるが、武田が「白と黒がはっきりしている」というストーリーの特性上、その中間的存在である「オカマ」が居ればと自ら志願してなった役と言われる[3]

脚注 編集

  1. 第3話では「――歩くな!」、第4話では「――空気を吸うな!」とバリエーションがある。
  2. 百瀬鉄男の名はおそらく美川憲一カルーセル麻紀の本名が由来であると思われる。テンプレート:要出典
  3. テンプレート:Citenews

外部リンク 編集

テレビ朝日 木曜ドラマ
前番組 番組名 次番組
警視庁継続捜査班
(2010.7.22 - 2010.9.9)
ナサケの女
〜国税局査察官〜
(2010.10.21 - 2010.12.9)
告発〜国選弁護人
(2011.1.13 - 2011.3.3)
Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事はナサケの女 〜国税局査察官〜にあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki