FANDOM


テンプレート:文学 三十六人の乗客(さんじゅうろくにんのじょうきゃく)とは、有馬頼義の短編推理小説及びそれを原作とした映画テレビドラマ作品である。

小説編集

オール讀物1956年12月号所載

映画版編集

1957年東宝により映画化・公開された(東京映画作品)。公開日は1957年4月16日。併映は宝塚映画作品「チンドンやの娘」(監督:内村禄哉。主演:横山エンタツ)。

キャスト編集

ほか

1969年テレビドラマ版編集

テンプレート:ドラマ 1969年4月3日NHK「NHK劇場」にて放映。近年、NHKアーカイブスにて再放送された。1969年度プラハ国際テレビ祭でカメラワーク賞を受賞した。

1980年テレビドラマ版編集

1980年2月9日テレビ朝日土曜ワイド劇場にて放映。タイトルは「スキーバスを追え! 36人の乗客」。

1991年テレビドラマ版編集

1991年11月11日TBS月曜ドラマスペシャル」にて放映された。タイトルは「三十六人の乗客 あのバスの中に犯人がいる!」。

テンプレート:Tv-stub テンプレート:Movie-stub

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki