FANDOM


学校の怪談(がっこうのかいだん)とは、学校にまつわる怖い話の事。

概要編集

高度経済成長時代、学校建設が急務とされ、安価かつ購入容易な土地を探した結果、「安い土地=人気が無い=墓地の側もしくはかつて墓地であった場所」というケースが少なからず発生した。テンプレート:要出典この経緯にその土地固有の伝承や怪奇譚が結びつき、様々なを生んだ。これが「学校の怪談」である。

後述の「七不思議」とともに多くの映画やドラマ、小説、漫画のモチーフとなった。

「学校の怪談」は「子供の他愛無い戯言」とされる場合も多いが、昨今のそれは旧来の「怖い話」に、時代性を引用することでリアリティを付加される事例も多く、情報の伝播速度の特進化と相まって、地域を巻き込んだ「社会現象」になる事もある。

「学校」という舞台の特異性編集

「学校の怪談」は一種の都市伝説であり、地域性の高いその学校固有の話題が口コミやマスコミ等により流布され他の学校にも伝わり、その地域における「アレンジ」を加えられた後、再度他地域に「輸出」される場合が多い。 インターネットの普及によりこの傾向はより顕著となり、「同時多発的流行」となった結果、「元ネタ」が同じであっても「あの学校でも噂になっているから本当の話だ」とますます信憑性を増す事となる。

「理科室の標本や音楽室の肖像画が夜中に動く」に代表されるように、

  • 子供にとって驚異・畏怖の対象になる物
  • 高額なので、先生が特に大切に扱う物
  • 学校にしかない特異なアイテム

等に神秘性を感じた結果、怪談の素材になるケースが多い。

また「同年代の子供が多数集まる」、「集団行動により同一場所で同一体験をする」、「定期的にその成員が入れ替わる」、「夜は無人になる」といった「学校ならではの環境」が噂の一因になっているとの見方もある。

「学校の七不思議」編集

これらの怪奇譚を7つ集めたものが「学校の七不思議」・「学園七不思議」で、7つ全てを知ってしまうと(または「隠された8つ目を知ると」)不幸が訪れるとされる場合が多い。なお、伝承の総数は必ずしも7つであるとは限らない。

怪談の例編集

学校の怪談一覧を参照。

学校の怪談を題材とする作品 編集

以下の作品以外でも、学園もの等の学校を主な舞台とした作品では、エピソードの一つとして七不思議を取り上げることが多い。

書籍 編集

映画 編集

学校のみならず、洞窟・街中・灯台など様々な場所を舞台とした4作品が製作された。

テレビドラマ 編集

関西テレビ系で連続シリーズ及びスペシャル版6本が製作・放送された。

  • 学校の怪談』(1994年1-3月)
  • 『学校の怪談R』(1996年7月)
  • 『同f』(1997年7月)
  • 『同G』(1998年7月)
  • 『同 春のたたりスペシャル』(1999年3月)
  • 『同 春の呪いスペシャル』(2000年3月)
  • 『同 春の物の怪(もののけ)スペシャル』(2001年3月)

ゲームソフト 編集

テレビアニメ 編集

その他編集

関連項目編集

テンプレート:Culture-stub テンプレート:School-stubzh:學校怪談

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki