FANDOM


「弁護士・高林鮎子」 べんごし・たかばやしあゆこ)は、日本テレビの火曜サスペンス劇場で放送された東映製作のテレビドラマシリーズである。原作は宮脇俊三(第1作)、津村秀介(第2作-第34作)。ドラマのタイトルは第1作以来「女弁護士・高林鮎子」であったが、第24作以降は「弁護士・高林鮎子」となっている。1986年から2005年までに、34作品が放送された。

キャスト 編集

高林鮎子:眞野あずさ
竹森慎平:橋爪功
草鹿達之介:丹波哲郎
沢村千鶴子:星ともえ(第1作-第6作)、杉浦きよみ(第7作-第33作)

スタッフ 編集

タイトル・放送日 編集

話数放送日タイトル~サブタイトル~原作ゲスト出演者
1 1986年11月11日 寝台特急あさかぜ4号殺人風景

~博多-東京、完璧なアリバイを乗せてブルートレインは走る~

宮脇俊三『殺意の風景』

(第十二話 石油コンビナートの巻[徳山])

針尾哲也:峰岸徹、一条夏子:山口美也子、玄海スルメ:林家珍平
野崎恒雄:内田稔、野崎志津:小畠きぬ子、犬飼警部補:平松慎吾上田耕一ほか
2 1987年8月11日 L特急あずさ19号逆転の殺意

~悪徳社長新幹線毒殺事件、記念写真のアリバイを崩せ女弁護士高林鮎子!!~

津村秀介『京都着19時12分の死者』 小泉保彦:船越英一郎、大塚和子:高樹沙耶、千代美:八神康子
中村清子:三鈴栄子、女将:大坪日出代、大塚国蔵:藤岡重慶、大塚初子:久保菜穂子
内藤剛志、ほか
3 1988年3月22日 新横浜発12時09分の女

~女弁護士高林鮎子の逆転の発想が暴く死体なき殺人事件~

津村秀介『新横浜発12時9分の死者』 菊田佳奈子:前田美波里、村上リサ:武田久美子、菊田藤夫:長谷川哲夫
村上信孝:木村元、沢本次郎:頭師佳孝、沢本昭一:川端眞二、渡田広:山口将之
相川刑事:丸岡奨詞、福永啓吉:三島新太郎、小宮敏子:呉恵美子、福永勝江:山口奈美
宮脇警部:中田博久、戸倉部長刑事:勝部演之堀内正美ほか
4 1988年8月30日 信州飯田線・殺意の天竜峡

~女弁護士高林鮎子、横浜名物シューマイに守られた男のアリバイを崩せ!!~

津村秀介『天竜峡殺人事件』 近田昭彦:井上純一、伊藤純子:北原佐和子、片瀬部長刑事:名古屋章
木倉かね:浦辺粂子、捜査課長:大竹修造、位高源吉:小鹿番、相川刑事:時本和也
君野みどり:愛田夏希、木内刑事:五野上力、岡野康三:桑原一人ほか
5 1989年1月31日 かいじ12号・小淵沢に消えた不在証明

~オンライン公金横領事件の影の男を追いつめる~

津村秀介『諏訪湖殺人事件』 江守民男:岡本富士太、江守万希子:一柳みる、鳥塚部長刑事:左とん平
関根理恵:松岡由美、関根由貴:小川乃り子、女将:中川ヒロ子
滝沢俊作:西川敬三郎、刑事:峰村銀、永井刑事:大石源吾、姫田支店長:石山雄大ほか
6 1989年7月18日 船岡発普通列車・無縁坂の女

~妻殺しを自白した男には何故か完ぺきなアリバイがあった~

津村秀介『異域の死者』 村松真理:萩尾みどり、宮本信夫:江藤潤、尾形俊文:佐藤英夫、村松俊明:西田健
宮本よね:北城真記子、成瀬悦子:松井紀美江、成瀬三郎:下塚諒(現・下塚誠
捜査課長:堀田真三、上阪課長:友金敏雄、清水部長刑事:二瓶鮫一ほか
7 1990年3月13日 L特急しまんと6号・早春四国路殺人事件

~急がば回れ!スイッチバック式鉄道が崩すアリバイの壁~

津村秀介『松山着18時15分の死者』 堀井佳代:金沢碧、堀井隆生:清水紘治、板倉茂男:仲谷昇
中川康宏:田中隆三、るり子:七瀬なつみ、森田:潮哲也ほか
8 1990年12月4日 北の旅・殺意の雫石

~同じ日の同じ時間に東北と四国で二人の女が同時に殺された~

津村秀介『北の旅 殺意の雫石』 藤本亜紀:日下由美、藤本昌代:田島令子、川口満広:堀内正美、長山敏江:結城美栄子、橋本部長刑事:佐々木敏、秋山きよみ:水木薫、夏野警部:藤田宗久、巡査:小林一、工場主:山本廉世古陽丸ほか
9 1991年4月9日 北の街 小樽に消えた女

~財産3億円をめぐり起きた連続殺人には意外な事実が隠されていた~

津村秀介『小樽発15時23分の死者』 野毛光行:美木良介、三井昌子:奈美悦子、花村弁護士:下條正巳
北林早苗、島田部長刑事:山田吾一、力石典夫:石山雄大青島健介
捜査課長:増田再起、記者:川島一平、事務長:金子研三ほか
10 1992年3月10日 博多-札幌殺人ルート

~完全無欠のアリバイに突破口を捜せ!~

津村秀介『横須賀線殺人事件』 北沢雄一:頭師孝雄、古崎警部補:平泉成、村山美和:新井祐美、村山勇:加藤衛、奥田社長:内田稔、中原刑事:妹尾洸、矢島刑事:椿田昇耶、早川:轟謙司、捜査課長:増田再起ほか
11 1993年1月26日 能登に消えた女

~大阪発札幌行き、トワイライト号20時間の空白~

津村秀介『能登の密室』 河辺和幸:佐藤仁哉、河辺角蔵:須賀不二男、藤田繁:石田新、杉原いずみ:棟里佳、三林雅江:中川真由美、三林一行:貞永敏、江崎刑事:亜南博士、刑事課長:石浜朗、遠山亘:川島一平、ラーメン屋:小鹿番、脇本部長刑事:出光元ほか
12 1993年5月11日 L特急あずさ13号の女

~残雪の信州と早春の四国を結ぶアリバイ~

津村秀介『白樺湖殺人事件』 野本美子:岡本麗、野本滉一:中西良太、中岡澄代:一色彩子、宍戸義隆:木下浩之、増田年男:伊藤昌一、増田かおる:北山亜紀子、遠山刑事:河上剛徳、高田肇:刀坂悟、茂木周平:小池栄、村井部長刑事:石田太郎ほか
13 1993年9月14日 北斗星1号複合の接点

~上野-函館-福岡、二重三重のアリバイの壁~

津村秀介『海峡の暗証』 岩下徹蔵:寺田農、岩下和美:三沢明美、上島邦男:宮沢風太郎、金森三郎:粟津號、マスター:川島一平、平塚部長刑事:佐々木敏、野島刑事:小林正希(現・正希光)ほか
14 1994年3月1日 浜名湖汽水域

~有明海-浜名湖-東京湾を結ぶ擬装心中事件~

津村秀介『浜名湖殺人事件』 前野義夫:名古屋章、前野美保:あめくみちこ、羽田友子:鶴田さやか、藤岡加代:康本美紀、西岡夕子:中川真由美、久保田部長刑事:平野稔、松居良三:岡野耕作、羽田進:幸英二、石川部長刑事:浜田東一郎、前野真吾:勝部演之ほか


15 1994年11月15日 飛騨高山の女

~盲点をつく完璧なアリバイを突破した逆転の発想~

津村秀介『飛騨の陥穽』 有賀玲子:秋本奈緒美、有賀正則:藤堂新二、吉井クニ:今井和子、秋山美紀:小野沢知子、高田幸代:鈴木佳、蕪水亭女将:北見青子、島部長刑事:増田再起、水原刑事:和泉史郎、種田トミ子:阿部裕見子、一条ユカ:青木美津子、スナックのママ:阿久津克子、村岡部長刑事:井上博一、堀田部長:野口貴史睦五朗ほか
16 1995年4月4日 霧の旅・唐津の殺人

~殺人現場に故意に残された前科ある女の指紋~

津村秀介『霧の旅 唐津の殺人』 川島千景:久野綾希子、村野辰夫:伊藤絋、岩井昭代:風祭ゆき、杉山洋子:今村明美、川島利子:木村有里、恵利子:酒井麻吏、雅子:北山亜紀子、友子:松尾晶代、平林伸子:速水今日子、内藤靖夫:竹島博志、小西刑事:小林正希、萩原部長刑事:中丸新将、川島修平:石井愃一ほか
17 1995年10月10日 支笏湖10時30分の女

~同じ日、同じ凶器、別の場所の殺意の交換~

津村秀介『定山渓・支笏湖殺人事件』 西川靖江:杜けあき、長塚清治:丹波義隆、室井カオル:立花理佐、杉本浅夫:山田光一、千野:木下浩之、営業部長:キモサベポン太、マネージャー:平田桃介、コンビニ主人:つじしんめい、巡査:川島一平、福田:佐々木敏、久保元治:工藤俊作、亀山刑事:小林正希、松田真知子:樋口しげり、コンビニ女房:呉恵美子、山川伴子:菅野玲子、滝口警部補:久富惟晴、細野局長:木村元ほか
18 1996年3月12日 西の旅・長崎の殺人

~憎めないユスリ常習男のお粗末な不在証明~

津村秀介『西の旅 長崎の殺人』 松方竜也:火野正平、早川健二:草川祐馬、榎本菊江:朝霧舞、宮下寛成:武見龍磨、橋田部長刑事:野村昇史、田村由起子:山本ゆか里、副署長:田嶋基吉、宿沢:光岡涌太郎、フロントマン:奥久俊樹、川瀬刑事:大城英司ほか
19 1996年11月19日 寝台特急北斗星の女

~新種のブドウが実って芽吹いた復讐の種~

津村秀介『葡萄』 江口栄子:杉田かおる、江口芙美江:白鳥夕香、水木淳也:中本賢、刑事課長:伊藤洋三郎、尾高直昭:大崎聖二、湯田康博:正希光、老人:牧口元美、江口茂三:久木念、染谷光生:深江章喜、中川刑事:江藤漢、藤川部長刑事:大林丈史ほか
20 1997年3月11日 豊肥本線・早春の死角

~アリバイ崩しを拒むスナップ写真の壁~

津村秀介『琵琶湖殺人事件』 長浜重治:須藤正裕、森塚久志:石栗昌彦、留美:春井ユカ、森塚キミ:大方斐紗子、谷口警部:長谷川哲夫、斉藤牧子:衣通真由美、フロント:和泉史郎、幸子:光井みほ、朱美:藤貴子、古川部長刑事:山本紀彦、矢沢刑事:正希光、編集長:真実一路ほか
21 1997年11月11日 上毛高原・逆流の殺意

~水上-大阪、二つの死に恨み紅葉を~

津村秀介『逆流の殺意 水上着11時23分の死者』 植田育子:小林綾子、辻本茂:宮川一朗太、滝沢周造:新克利、今野昭:井上倫宏、滝沢裕子:桑田和美、植田隆英:刀坂悟、別所裕司:正希光、理髪店主人:丸岡奨詞ほか
22 1998年7月14日 北陸本線の死角

~レンズ付きフィルム写真のトリックを暴け~

津村秀介『加賀・兼六園の死線』 島岡冴子:野村真美、島岡康弘:隆大介、小林真紀子:愛川裕子、小林卓光:山田アキラ、野村小百合:竹内都子ほか
23 1999年2月9日 秋田新幹線冬の迷彩

~姫路-横浜、2つの殺人を結ぶ55の数字~

津村秀介『目撃』 菅原昌枝:菅井きん、浜野医師:佐竹明夫、加来トミ:阿部寿美子、島木拓:桜金造、平井美里:児玉多恵子、平井由美子:木村理恵、天野守夫:古籐芳治ほか
24 1999年7月20日 東京環状線・夏の迷走

~関係者全員口を濁す殺人未遂事件の第2幕~

津村秀介『伊豆の朝凪』 西田直子:酒井和歌子、西田由里子:小沢真珠、本橋昌弘:竹本孝之、藤木隆次:渋谷哲平浜田晃ほか
25 1999年11月23日 瀬戸内を渡る死者

~調べれば調べるほど不可解な女依頼人の正体~

津村秀介『瀬戸内を渡る死者』 岡田芙美:一色彩子、滝田幹夫:並樹史朗、笹本トメ:正司歌江、種田五郎:片桐竜次あき竹城、岸本義昭:冷泉公裕、真知:元井須美子一柳みるほか
26 2000年4月11日 雲仙長崎・旅路の果て

~死にゆく妻のために夫が計画したある工作~

津村秀介『長崎異人館の死線』 山崎雅雄:篠田三郎、山崎友里:あめくみちこ、曽田知子:竹井みどり、梶浦弘三:草見潤平、堀岡隆史:戸井勝海、野口真理:鶴田さやか、倉田刑事:石橋蓮司、岩田部長刑事:不破万作、ラーメン屋の妻:重田千穂子、ホテルのフロントマン:世古陽丸嶋崎伸夫ほか
27 2000年8月29日 京都保津峡 殺意の急流

~9年前の風景画に隠された女の夢と恥辱~

津村秀介『保津峡殺人事件』 森村信代(平田真弓):若林しほ、久野礼子:河合美智子、久野真治:江原修、野沢友子:光浦靖子、古屋部長刑事:佐藤仁哉、喫茶店のママ:市田ひろみ、西山刑事:千原靖史、武田祐司:蔵本隆史、平田正隆:小林功、石井哲也:田原正治、岡本:波多野博、鑑識係員:西山清孝、鑑識係員:藤沢徹夫、釣り人:有島淳平ほか
28 2001年7月3日 パリから届いた殺意

~死体の横のスズランの花言葉は純潔~[1]

津村秀介『巴里の殺意』 高田洋平:伊原剛志、河合康子:谷口香、佐川弥生:秋本奈緒美、高田真理子:佐藤友紀、久保田部長刑事:木村栄、河合哲郎:冨家規政、関口信次:小久保丈二、中浦加奈:本田理沙、横山佐知子:杉崎佳穂、地回り:三波伸一、川村誠:田中健三、肉屋の夫婦:正司玲児正司敏江、「道」のママ:泉アキほか
29 2001年11月20日 フレッシュひたち17号の偽証

~介護に悩む娘が涙した痴呆母の夢追い子守唄~

津村秀介『水戸の偽証』 深田美子:石野真子、石井千春:大沢さやか、深田正子:淡路恵子、成瀬裕子:清水由貴子、石井常男:梅野泰靖、筒井平助:睦五朗、老妻:目黒幸子、家主夫人:正司照枝、志村邦彦:ひかる一平、深田和弘:世古陽丸、野沢亜紀:須磨史衣、中原朋子:藤田むつみ、深田孝子:山本ふじこ、佐川部長刑事:頭師佳孝、黒坂刑事:辰巳圭太ほか
30 2002年5月7日 やまびこ6号・十和田湖に泣く女

~交通事故が狂わせた家族愛と鉄壁のアリバイ~

津村秀介『奥入瀬・十和田湖殺人事件』 三浦光明:江守徹、三浦由紀:中田喜子、五木田茂哉:中西良太、野沢瞳:松永香織、葛西部長刑事:でんでん、清水真木子:三浦リカ、林田登美子:和泉ちぬ、阿部刑事:池田進、フリースクール教師:正希光、三浦一雄:荒木智弘、皆川亮介:林田直樹、支配人:田原正治、副署長:若尾義昭ほか
31 2003年1月7日 寝台特急トワイライトエクスプレスの罠

~京都発札幌行き列車の密室22時間 消えた婚約者が食べた仏料理の味~[2]

津村秀介『札幌 月寒西の死線』 川上麻衣子渡辺美佐子川崎麻世杉本哲太芦川よしみ美山加恋田山涼成松金よね子石田太郎松坂隆子ミッキー・カーチスほか
32 2003年7月1日 山形新幹線つばさ106号の乗客

~北海道と箱根の死体を結ぶ母の折鶴と蘭の花束~

津村秀介『上高地・芦ノ湖殺人事件』 松原智恵子沢田亜矢子平幹二朗原田佳奈田島俊弥木下真利重田千穂子浅川稚広ほか
33 2004年7月6日 特急うずしお30号の罠

~鳴門・宮島・登別を結ぶ母子の絆を裂く人形浄瑠璃の涙~

津村秀介『寝台特急富士の乗客(仮題)』(遺作) 水田康代:丘みつ子、北原美千子:愛華みれ、尾久重男:中西良太、北原翔太:富岡涼、北原和彦:岡崎宏、渡辺清美:清水由貴子、小野裕美子:藤田むつみ、北原誠一:堀正彦、渡辺一郎:入江正徳、岡野部長刑事:深水三章、水田里子:加藤治子筒井巧助川汎ほか
34 2005年7月5日 志摩の旅・みえ6号毒殺連鎖

~保険金狙いで魂を売った魔性の女!完全無欠の時刻表トリックを暴く~[3]

津村秀介『毒殺連鎖』 手塚貴子:池上季実子、手塚志穂:中山エミリ、大庭宣子:芦川よしみ、笠原宏次:永澤俊矢、矢島正一:藤田まこと、:天宮良、手塚文也:西川亘、田口淑子:未來貴子、宮川一朗太、重田千穂子ほか

脚注 編集

  1. 『火曜サスペンス劇場20周年記念作品』として放送された。
  2. 『火曜サスペンス劇場 弁護士高林鮎子スペシャル』として放送された。
  3. 『火曜サスペンス劇場 特別企画』として放送された。


Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事は弁護士・高林鮎子にあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。