FANDOM


特殊警備隊(SpecialSecurityTeam:SST)とは、海上保安庁所属の特殊部隊。通称、SSTは関西空港海上警備隊と1992年のフランスへ使用済みのプルトニウムを返還のための輸送船「あかつき丸」に護衛のために乗船した警備チームが前身部隊である。 SSTの主たる任務は、対海上テロ、シージャック、プルトニウムの海上輸送の護衛などの重要な警備任務、海上や船舶に仕掛けられた爆弾や毒ガス兵器の処理、不審船の制圧、船舶内の暴動鎮圧、海賊対応、海外での邦人救出、覚醒剤密輸や蛇頭がらみの密航摘発等々多様な任務を持ち、実戦経験が日本の全特殊部隊のなかで最多を誇リ、さらに、あかつき丸の警備チーム時代に世界最強の海軍特殊部隊であるアメリカ海軍特殊作戦部隊SEAⅬsから特殊任務の訓練を受けた日本最強の特殊部隊であると評されている。 SSTは、SEALsから射撃、狙撃、船内でのCQB、リぺリング降下など特殊任務に必要な技術指導を受けていて、その経験とノウハウを生かし現在、治安の悪いフィリピンやインドネシアなど東南アジア諸国の沿岸警備隊の特殊部隊に技術指導を行っている。 特殊救難隊が花形なら、SSTは海上保安庁の隠密的存在といえる。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。