FANDOM


山村美紗サスペンス
狩矢父娘シリーズ
ジャンル テレビドラマ
放送時間 土曜ワイド劇場(111分)
放送期間 2000年10月28日 -(12回)
放送国 Flag of Japan 日本
制作局 テレビ朝日
監督 上杉尚祺
原作 山村美紗
脚本 波多野都(第11作-) ほか
プロデューサー 三輪祐見子テレビ朝日
榎本美華東映
丸山真哉東映) ほか
出演者 藤谷美紀
田村亮
原田龍二(第3作-) ほか
音声 ステレオ放送
字幕 文字多重放送
エンディング 土曜ワイド劇場』と同じ
外部リンク 土曜ワイド劇場
  

テンプレート:ドラマ狩矢父娘シリーズ』(かりやおやこシリーズ)は、テレビ朝日系の2時間サスペンス「土曜ワイド劇場」で放映されているテレビドラマシリーズのひとつ。2000年から放送開始された作品。主演は藤谷美紀で、2011年2月5日にシリーズ最新作の12作目が放映された。

正式な番組タイトルとして「狩矢父娘シリーズ」はつかず、「山村美紗サスペンス 京都〇〇殺人事件」といったタイトル表示をされる。原案は山村美紗

概要編集

冒頭で和美が殺人事件を目撃し(多くは取材中に)、父親の心配をよそに、事件の真相を解明すべく恋人の利彦を巻き込んで暴走気味の取材を続ける(変装もするが、しばしばそれを父親に見つかって怒られる)というのが基本的なパターンである。事情聴取は狩矢警部が担当。

主な登場人物・キャスト編集

タウン誌のカメラマン。京南大学マスコミ研究会出身。
全日新聞京都支局の記者(第3作では文化部所属)。和美の恋人。第3作の被害者である多田俊之(佐伯太輔)とは同期入社である。
和美の勤務先雑誌社「唐竹企画」の社長兼編集長。
山野編集長の恋人。
和美の勤務先雑誌社「唐竹企画」の社員。
京都府警捜査一課刑事。
和美の母親。
和美の父親。京都府警捜査一課所属の警部。

放映情報 編集

放送作品 編集

話数放送日サブタイトル原作脚本監督音楽視聴率(関東)
1 2000年10月28日 京都貴船川殺人事件・殺意の同窓会!真犯人が仕掛けた銀閣寺密室の罠と東名高速499キロの謎 山村美紗「京都貴船川殺人事件」 梶本惠美 上杉尚祺 藤原いくろう 12.3%
2 2002年3月30日 京都~札幌雪まつり連続殺人事件・雪ダルマから人妻の死体…そして嵯峨嵐山に若い愛人の密室死体! 山村美紗「札幌雪まつりの殺人」 15.3%
3 2002年11月23日 京都紅葉寺殺人事件・不倫偽装心中に秘められた殺意の炎…失踪妻に容疑!神戸、六甲山 赤い花と白い花のトリック 山村美紗「京都紅葉寺殺人事件」 16.3%
4 2003年6月14日 京都祇園殺人事件・父母は殺されていた!120キロの橋立に復讐のドライブ…平安絵巻に芸妓の秘密 山村美紗「京都祇園殺人事件」 17.0%
5 2004年8月14日 京都祇園祭り殺人事件・保津川に響く兄の叫び!妹は自殺じゃない!祭りの夜に不倫の影が… 山村美紗「京都夏祭り殺人事件」 12.4%
6 2005年4月2日 花の棺・京都名門の華道家元、不倫の連続殺人!赤い風船と密室トリック・女たちの華麗なバトル 山村美紗「花の棺」 13.4%
7 2006年4月8日 京都花の艶殺人事件・愛人、ホステス、華やかな女達の戦い!謎の文字“○”の秘密… 山村美紗「京都花の艶殺人事件」 石原武龍 15.6%
8 2007年4月7日 京都・花見小路殺人事件・華やかな祇園の舞妓と芸子の裏の顔…密室に三匹の猫トリック! 山村美紗「京都・花見小路殺人事件」 13.7%
9 2008年5月24日 京料理殺人事件・船が運ぶうなぎ弁当の罠 西陣織の花嫁毒殺トリック!京菓子が密室を作った!? 山村美紗「京料理殺人事件」 12.0%
10 2009年5月2日 京都・お茶会殺人事件・毒の茶碗が瞬間移動!?華やかなセレブを狙う家元夫人の指先!祇園祭に燃える女の殺意 山村美紗「ミス振袖殺人事件」 石原武龍末安正子 13.4%
11 2010年4月24日 京都・美人女優連続殺人事件・主役は2度殺される!?ガラス張りの密室殺人トリックを“股のぞき”が暴く!! 山村美紗「京都清水坂殺人事件」 波多野都 13.0%
12 2011年2月5日 京都・竜の寺密室殺人・理想の夫婦の裏の顔!愛人参加の紅葉ツアーで舞妓が殺された!? 山村美紗「竜の寺殺人事件」 16.2%


ゲスト出演者 編集

話数ゲスト出演者(役名・役柄)
第1作 宍戸開(木田洋一)、東根作寿英(林信彦)、神保悟志(森三郎)、伊東貴明(岸英治)、寺田千穂(川村貴子)、麻田かおり(吉田エリ)、塚本加成子(大島智子)、瀬田桃吉窪田弘和橘えりか石原聡山形恵介(中川刑事)、日比野玲(中田刑事)、中山忍(岸マリ子)、草刈正雄(杉下昭夫)
第2作 相田翔子(西山百合子)、田中健(野田秀一)、北原佐和子(野田美奈子)、大沢健(石原剛)、深江卓次(柳沢高志)、田中千代(中村麻美)、小林勝彦(池上警部)、村田宏服部宝観峰蘭太郎吉川美咲松井克之湯口和明つりたみづえ高羽博樹具志堅英喜石田喜代子佐川満男(北原昇次)
第3作 佐戸井けん太(須本芦夫)、渡辺典子(須本雪子)、佐伯太輔(多田俊之)、西尾まり(多田翔子)、島木譲二(福本)、柴田善行吉野悦世遠藤さと美石原聡中井多栄子瀬田吉史宮前安孝小野亮子馬屋原庄子田實三千太、山形恵介(刑事課長)、根岸季衣(小田房江)
第4作 田中美奈子(あや乃)、志村東吾(田辺義彦)、浅田祐二まつむら眞弓岡本伊代朝井千景山本容子井上紀子白井滋郎宮前安孝永山周作竹原梢鈴川法子窪田弘和石原聡始澤文美子、山形恵介(水島洋三)、岡田千代(水島信子)、溝呂木賢(柴田刑事)、園英子(野田麻里子)、水上保広(上田徳一)、五王四郎(石原太一)、音無美紀子(工藤恵美子)
第5作 生瀬勝久(野上陽介)、山下容莉枝(太田節子)、星遙子(富川由紀子)、四方堂亘(太田浩)、有沢妃呂子(野上美也子)、山形恵介、近藤康成小柳友貴美町野あかり柴田善行、瀬田吉史、峰蘭太郎、山田永二杉山幸晴石原聡中井多栄子小野亮子森田直幸山岡香織小林莉子西川敦子大寶智子(尾山めぐみ)
第6作 秋本奈緒美(久条麗子)、国生さゆり(小川麻衣子)、猪野学(西川和彦)、佐々木勝彦(西川鳳)、大竹一重(東郷悠子)、園英子瀬田吉史森輝代壬生新太郎春藤真澄石原聡平井三智栄星野美恵子藤枝政巳宮前安孝岩本なつき池山博文中原丈雄(東郷流風)
第7作 遠野凪子(アキ)、山田まりや(真央)、河西健司(高岡康祐)、松下萌子小柳友貴美成田志織松暢子田中正之平澤洋爾田井克幸柴田善行野原健二瀬田吉史島田佳子三浦憲世涼風真世(沢田涼子)、西川敦子高谷恭平中村愛梅原真子大音奈々浅田祐二細川純一山口幸晴まつむら眞弓大出俊(石丸遼太郎)
第8作 中原果南(白川貴絵)、中原丈雄(飛鳥井誠司)、今村恵子(藤乃)、浜丘麻矢(いち香)、一條俊(三上悟)、大口兼悟山口竜央、瀬田吉史、成田志織、竹原圭祐、中井多栄子西川敦子酒井和歌子(三上陽子)、波多野博泉知奈津大音奈々高橋静香、あきやまりこ、野田香織手島みづえ渡辺万也鶴田忍(西勝彦)
第9作 平泉成(阿久田陽一)、中山忍(栗田麻子)、神保悟志(永井敦史)、岩本千春(神田美奈代)、福本清三棚橋幸代、峰蘭太郎、赤井沙希、瀬田吉史、鈴川法子山路梨瀬朝井千景たくみ稜及川達郎、大音奈々、竹原圭祐、あきやまりこ、小酒井円葉有薗芳記
第10作 遠藤久美子(菊川千秋)、前田愛(二条楓)、不破万作(菊川良成)、清水紘治(二条正臣)、大竹一重(二条涼子)、江口ナオ(芸奴・若菜)、筒井巧、滝川剛、山崎直樹、坪田秀雄、山口竜央、瀬田吉史、竹原圭祐、東岡亜美、山根誠示、井上紀子、三浦憲世、あきやまりこ、佐藤麗良、大石彩未、アントニオスコット、久保宏将、久保有彩佳 ほか
第11作 宮本真希(江藤ゆかり)、小沢真珠(大崎多香子)、高橋光臣(鷹崎達也)、小野麻亜矢(中里みなみ)、山内明日(石黒絵理)、中込佐知子(愛川有紀)、宮嶋麻衣峰蘭太郎 ほか
第12作 中島ひろ子(佐野理恵)、筒井真理子(大前美保子)、布川敏和(大前岳人)、西田健(倉科孝蔵)、林泰文(内藤聡)、小川奈那(宮路香織)、山口幸晴 ほか

スタッフ編集

その他編集

和美はいまだにフィルムカメラを愛用し、利彦にフィルム交換をさせたりする場面もある。

遅れネット編集

関連項目 編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki