FANDOM


たなか よしこ
田中 好子
Yoshiko Tanaka
本名 小達 好子 (おだて よしこ)
旧姓:田中
生年月日 1956年4月8日
没年月日 2011年4月21日(満55歳没)
出生地 Flag of Japan 日本・東京都足立区千住
身長 155cm
血液型 A型
職業 女優
ジャンル 映画テレビドラマ舞台
活動期間 1972年 - 2011年
公式サイト 田中好子 公認ホームページ
主な作品
黒い雨』(各映画賞受賞)

田中 好子(たなか よしこ、1956年4月8日 - 2011年4月21日[1][2][3])は、日本の女優アイドル歌手である。本名、小達 好子(おだて よしこ)。旧姓、田中。愛称はスーちゃん

経歴 編集

東京都足立区千住生まれ。実家は、田中釣具店(足立区)。足立区立第四中学校東京成徳高等学校を経て、東京成徳短期大学卒業。

テンプレート:和暦渡辺プロダクションが経営する東京音楽学院に入学。入学後、スクールメイツのメンバーに選抜される。

芸能界へ編集

テンプレート:和暦NHKの歌番組『歌謡グランドショー』のマスコットガールのオーディションに伊藤蘭藤村美樹とともに合格。この3人組はキャンディーズと命名され、マスコットガール兼アシスタント(椅子・マイク運び・代理音合わせ)として活動。テレビヒーロー作品『突撃! ヒューマン!!』にヒロインとして出演。また、この年の紅白歌合戦橋幸夫(曲は「子連れ狼」)のバック・コーラス南沙織(曲は「純潔」)のバック・ダンスを務めた。

テンプレート:和暦9月1日、キャンディーズとして「あなたに夢中」で歌手デビュー。当時のニックネームは「スーちゃん」(好子の“好”という字が「すき」の「す」であるため)。キャンディーズ結成当初のニックネームは「ヨッチ」だったが、「ラン・ヨッチ・ミキ」では語呂が悪いのでファンに「スー」というニックネームを付けてもらった(「はなまるマーケット」より)。コーラスパートはメゾソプラノ

デビュー曲の「あなたに夢中」から4曲目の「なみだの季節」までは、歌唱力を評価されてキャンディーズ初期のセンター位置のリードボーカルを担当した。その間はヒット曲に恵まれず、その後5曲目の「年下の男の子」以降殆どは、メインボーカルを伊藤に譲り、向かって右の立ち位置でコーラスを務めた。但し「わな」の時は、メインボーカルのセンターは藤村となり、向かって左が田中、右に伊藤と移動する。さらに事実上のラストシングルだった「微笑がえし」は、2番(又は3番)の途中サビの部分で伊藤と入れ替わり、田中がセンターについていた。

テンプレート:和暦以降は、歌手としてだけではなく、作詞作曲(共作ふくむ)も行う。作品に「LOVE ME LOVE ME」「ミッドナイト・ハイウェイ」「私の彼を紹介します」「季節の別れ」「一番星さん」「なんとなく」「午前零時の湘南道路」「PLEASE COME AGAIN」「いけない人」「土曜日の夜」がある。

テンプレート:和暦4月4日にキャンディーズは解散した後、一時引退。

芸能界復帰と女優業編集

テンプレート:和暦年に芸能界へ復帰し、ソロシングル1枚を発表。その後は女優業に専念した。

テンプレート:和暦に公開された『黒い雨』で、主役・「高丸矢須子」役を演じ、日本アカデミー賞ブルーリボン賞キネマ旬報賞毎日映画コンクール報知映画賞などで主演女優賞を受賞。日本アカデミー賞などでは作品に対しても大賞を受賞し、第42回カンヌ国際映画祭のコンペティション部門で上演された。また、原爆症の表現の為に、入浴シーンで体の変化を表現する為に敢えてヌードになり話題を呼んだ。その頃から、演技派女優の評価をされた。

テンプレート:和暦5月21日、プロゴルファー・実業家の小達一雄夏目雅子の実兄で小達は再婚)と結婚(結婚は夏目が亡くなった後だが、生前から夏目と親交があった)。挙式、披露宴には両家の親族や田中のプロダクション関係者らごく内輪の人たちだけが出席した[4]

テレビでは、テンプレート:和暦からテンプレート:和暦連続テレビ小説おしん』のおしんの養女「田倉初子」役や、テンプレート:和暦の『家なき子』(日本テレビ)でヒロインの母・「相沢陽子」役、テンプレート:和暦連続テレビ小説ちゅらさん』では主役の母・「古波蔵勝子」役などを演じた。

また映画では、テンプレート:和暦の『鉄道員(ぽっぽや)』で同僚の妻・「杉浦明子」役、テンプレート:和暦の『鏡の女たち』で主要キャストの「尾上正子」役などを演じた。

また女優以外にも、夫の小達一雄が夏目雅子の実兄であることより夏目雅子ひまわり基金の活動、厚生労働省の公衆衛生審議会委員、国立国際医療センター顧問、エイズ予防財団及び日本エイズストップ基金運営委員なども務めた。

夫の連子の、元女優楯真由子は継娘。夫の弟の、プロゴルファー小達敏昭は義理の弟。夫の妹の夏目雅子は義理の妹になる(結婚時は既に亡くなっていた)。

闘病と死後編集

テンプレート:編集前の注意 死去直後の記者会見において、結婚翌年のテンプレート:和暦に乳がんが見つかり、幾度か再発を繰り返したが、いずれも早期発見で治療を続けながら芸能活動を続けていたことなどが夫の小達一雄によって初めて公式に明らかにされた。闘病の事実は親族のみに伝えられ、盟友である伊藤蘭藤村美樹ですら、伝えられたのは約3年前で、共演者には一切明かされていなかったという。

テンプレート:和暦10月に十二指腸潰瘍を患い、その治療のため絶食をしたことで体力・免疫力が低下、乳がんが再発。テンプレート:和暦2月にはがん細胞組織が急激に増殖するラッシュ状態となり、肺や肝臓にもがんが転移、懸命の治療も甲斐なくテンプレート:和暦4月21日午後7時4分頃、国際医療福祉大学三田病院にて逝去[1][3][5]。享年55歳。長年の盟友だった伊藤蘭藤村美樹は、田中が危篤状態になった際、「2人とも家族同然だから」という親族の計らいで病室に呼ばれ、田中が息を引き取るまで、7時間にもわたって田中の名前を呼び続けていたという[6]

田中の逝去の報に、『家なき子』で共演した安達祐実[7]、長年のキャンディーズフリークとして知られている自由民主党政務調査会長石破茂[8]などが追悼の辞を発表している。また、CMキャラクターを務めていた揖保乃糸は公式サイトのトップページにて田中への追悼と感謝のメッセージを表示した。

田中好子の通夜は4月24日、葬儀・告別式は25日に青山葬儀所でそれぞれ営まれた。棺と葬儀場の絨毯は田中のキャンディーズ時代のイメージカラーだったで彩られた[9]。葬儀では藤村美樹が「私たちは永遠にキャンディーズだから」と語りかけ[10]、伊藤蘭は「もう一度だけでいいから、(キャンディーズの)3人で逢いたかった」と涙を堪えながら弔辞を読んだ[11]。葬儀の最後に田中好子本人のラストメッセージとなる肉声録音テープが流され、最後の別れを告げた[12]戒名は春芳院妙純日好大姉[9]

田中好子、最後のメッセージ 編集

田中好子は「自分が亡くなったときに集まってくれた人に聞いてほしい」と、亡くなる約3週間前の3月29日、病室で自身の肉声のメッセージを録音した。告別式の最後に、夫である小達一雄さんが喪主のあいさつの中で紹介した。内容は以下のとおりである[13]

「こんにちは、田中好子です。きょうは3月29日、東日本大震災から2週間たちました。被災された皆様のことを思うと、心が破裂するような...、破裂するように痛み、ただただ、亡くなられた方々のご冥福をお祈りするばかりです。わたしも、一生懸命病気と闘ってきましたが、もしかすると負けてしまうかもしれません。でもその時には、必ず天国で被災された方のお役に立ちたいと思います。それが、わたしの務めと思っています」、「きょう、お集まりいただいている皆様にお礼を伝えたくて、このテープを託します。キャンディーズでデビューして以来、本当に長い間、お世話になりました。幸せな幸せな人生でした。心の底から感謝してます。特に蘭さん、美樹さん、ありがとう。2人が大好きでした。映画にもっと出たかった。テレビでもっと演じたかった。もっともっと女優を続けたかった。お礼の言葉をいつまでも、いつまでも皆様に伝えたいのですが、息苦しくなってきました。いつの日か、妹・夏目雅子のように、支えてくださった皆様に、社会に少しでも恩返しができるように復活したいと思ってます。カズさん、よろしくね。その日までさよなら[14]

エピソード 編集

  • キャンディーズのメンバーでは最年少。(藤村美樹は同い年だが、藤村が早生まれである為1学年違い、伊藤蘭との年齢差は1歳だが、伊藤が早生まれである為2学年違い)
  • その愛らしいルックスに反して、子供の頃は男の子をいじめるような腕白振りでガキ大将的な存在だったという。
  • 小学校4年生で町内の民謡研究会に入り、発表会で「ソーラン節」等を披露。後の才能の片鱗を伺わせる。
  • 中学校で3年間隣りの席だった男の子に初恋。相思相愛の関係になるも、初デートで相手が時間を間違えて現れず傷つき失恋。
  • NHK「趣味悠々」出演を通じて墨彩画に出会い、俳優で墨彩画家でもある片岡鶴太郎に師事。ロケ先にも画材専用のトランクを携行する程の入れ込みようであった(「生活ほっとモーニング」より)。
  • 水谷豊伊藤蘭の夫)が『うたばん』(TBSテレビ)に出演した際に、「キャンディーズの3人が家(水谷豊邸)に集まって長い時間談笑しているんだよ」ということを語っていた。
  • テンプレート:和暦に放送されたアニメ『スーキャット』の登場キャラクター「スー」、『おじゃる丸』の登場キャラクター「タナカヨシコ」、『しゅごキャラ!』の登場キャラクター「スゥ」のモデルである。
  • 映画『モスラ』とザ・ピーナッツが演じた小美人が好きで『今夜は最高!』のゲスト出演時には怪獣映画ネタでのコントにも出演し、以後に製作された新作映画『ゴジラVSビオランテ』のヒロインと因縁深いモスラ復活の『ゴジラVSモスラ』にも出演している。
  • テンプレート:和暦に『はなまるマーケット』の「はなまるカフェ」にゲスト出演。岡江久美子とはテンプレート:和暦の『金曜日の妻たちへII 男たちよ、元気かい?』で共演して以来22年ぶりに顔を合わせた。薬丸裕英とは、「一世を風靡した元売れっ子アイドル」という共通点があり、互いに芸歴が20年以上あるにもかかわらず、仕事での共演はおろか一度も会ったことすらなく、初対面であり、「なんか初めてお逢いしたようには思えないんですけどねぇ……」と語った。

出演 編集

映画 編集

テレビ 編集

CM 編集


その他 編集

ソロシングル 編集

  • カボシャール
  • 罪 TO ME  
  • 午前5時のドリーム
  • Feel My Love Inside

ソロCDアルバム 編集

  •  好子(2007年発売/1984年発売のアナログ・アルバムをCD復刻)

脚注 編集

  1. 1.0 1.1 テンプレート:Cite news
  2. テンプレート:Cite news
  3. 3.0 3.1 テンプレート:Cite news
  4. 日刊スポーツ「田中好子 青年実業家・小達一男さんと極秘結婚 21日に身内だけ20人で」(1991年5月25日)
  5. テンプレート:Cite news
  6. 最期は病室で…伊藤蘭「ただ名前を呼び続けることしかできなかった」 スポーツニッポン 2011年4月25日閲覧
  7. 安達祐実「本当のお母さんのような存在」 スポーツニッポン 2011年4月22日閲覧
  8. 自民・石破氏「青春そのもの。ありがとう。忘れないよ」 産経新聞 2011年4月22日閲覧
  9. 9.0 9.1 ファンのために…棺とじゅうたん スーちゃんのイメージカラー「青」 スポーツニッポン 2011年4月25日閲覧
  10. 藤村美樹さん弔辞全文 スポーツニッポン 2011年4月25日閲覧
  11. 伊藤蘭弔辞全文 スポーツニッポン 2011年4月25日閲覧
  12. 田中好子さん肉声全文 スポーツニッポン 2011年4月25日閲覧
  13. 【田中好子さん告別式】スーちゃん肉声で「もっと女優を続けたかった」 最後のメッセージ再生+ MSN産経ニュース 2011年4月25日閲覧
  14. 田中好子さん肉声全文 スポーツニッポン 2011年4月25日閲覧
  15. 2011年4月24日日曜ビッグバラエティ枠で追悼番組として再放送。テンプレート:Cite news
  16. 16.0 16.1 2011年5月にCS・TBSチャンネルで追悼番組として放送。テンプレート:Cite news
  17. 2011年4月25日チャンネルα枠(関東ローカル)で追悼番組として再放送。
  18. 18.0 18.1 18.2 死去翌日の2011年4月22日の『ワイド!スクランブル』で出演シーンが放送された。

関連項目 編集

外部リンク 編集

テンプレート:キャンディーズ テンプレート:日本アカデミー賞最優秀主演女優賞 テンプレート:ブルーリボン賞主演女優賞 テンプレート:毎日映画コンクール女優主演賞


de:Yoshiko Tanakaro:Yoshiko Tanaka tl:Yoshiko Tanaka zh:田中好子 zh-min-nan:Tanaka Yosiko

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki