FANDOM


テンプレート:文学野菊の墓』(のぎくのはか)は、伊藤左千夫の小説。1906年1月、雑誌「ホトトギス」に発表。

15歳の少年・斎藤政夫と2歳年上の従姉・民子との淡いを描く。夏目漱石が絶賛。左千夫の最初の小説である。

左千夫の出身地である千葉県山武市伊藤左千夫記念公園には、政夫と民子の銅像がある[1]

また、この作品の舞台となったのは、千葉県松戸市矢切付近であり、同地区には伊藤左千夫の門人である土屋文明の筆になる野菊の墓文学碑がある。また、矢切の渡しは、政夫と民子の最後の別れの場となった所である。

映像・舞台作品 編集

テレビドラマ 編集

映画 編集

舞台 編集

関連項目 編集

脚注 編集

テンプレート:脚注ヘルプ

  1. 山武市>伊藤左千夫ゆかりの地 (山武市の公式サイト)

外部リンク 編集

テンプレート:Wikisource

テンプレート:Lit-stub テンプレート:山口百恵

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki