FANDOM


テンプレート:ドラマ 高橋英樹の船長シリーズ(たかはしひできのせんちょうシリーズ)は、テレビ朝日系の2時間サスペンスである「土曜ワイド劇場」で放送されていた、テレビドラマシリーズの1つ。

2006年からは船越英一郎が主演する「新船長の航海事件日誌」にリニューアルされた。

キャスト 編集

準レギュラー 編集

  • 杉崎クニヒコ(船長夫妻の一人息子。大学の同級生の女性とできちゃった学生婚・第1作のみ登場)…坂上忍
  • 藤井栄吉(青函連絡船時代の船長の上司。JR北海道定年退職後は仙台市の船会社へ再就職・第1作と11作に登場)…田村高廣[第1作]→織本順吉[第11作](藤井船長に、「シャックル船長」というあだ名を付けたのは、杉崎船長。→第一話)
  • 藤井ミオ(栄吉の一人娘で東京〜高知航路の三等航海士・第11作に登場)…大沢さやか
  • 和田蛍(名古屋〜苫小牧航路の三等航海士・第13作に登場)…大沢さやか
  • (旧姓?)→秋元加代(函館時代の杉崎船長の愛人でバーママ。第4作で殺害される・第1作と4作に登場)…一柳みる
  • 門永(児島の知り合いの政治新聞記者・第12作に登場)…でんでん
    • 後継シリーズ「新船長の航海事件日誌」にも登場

サブタイトル・放送年月日 編集

話数放送日サブタイトルゲスト出演者主なロケ地勤務船会社と乗務船
1 1988年3月5日 さよなら青函連絡船・特別企画 津軽海峡おんな殺人行・青函連絡船に仕組まれたトリックの謎 伊藤孝雄福田公子柴田侊彦 北海道函館市 JR北海道十和田丸 (2代)摩周丸
(再) 1989年2月25日 傑作アンコール特選 津軽海峡おんな殺人行・青函連絡船に仕組まれたトリックの謎
2 1989年6月3日 瀬戸内おんな殺人行・広島港-松山港フェリー炎上!・船上に仕組まれた客室トリック 永島暎子井上孝雄松本留美 広島県広島市愛媛県松山市 瀬戸内海汽船、石手川


3 1990年10月13日 超豪華フェリー殺人事件・鹿児島-沖縄航路にトリックが…・双眼鏡の中の女 岡本舞若林豪山崎美貴鈴鹿景子山崎健二 鹿児島県鹿児島市奄美大島 大島運輸(現:マルエーフェリー)フェリーあけぼの
4 1991年11月2日 函館のおんな殺人行・横浜-神戸21時間、よみがえった青函連絡船 磯部勉向井亜紀北村総一朗三條美紀 神奈川県横浜市兵庫県神戸市 日本旅客船ジャパニーズドリーム(元:2代目十和田丸)
(再) 1992年2月22日 傑作アンコール特選 超豪華フェリー殺人事件・鹿児島-沖縄航路にトリックが…・双眼鏡の中の女 
5 1993年9月25日 思い出の青函連絡船・貨車から消えた2億円! 完全密室の犯罪 山口果林中山仁高林由紀子吉野真弓山田吾一 北海道函館市 メモリアルシップ摩周丸(イベントの来賓として)
6 1994年7月23日 愛と死の殺人航路・闇夜に霜の降るごとく 函館・立待岬に消えた女 姿晴香大和田伸也(2等航海士)、清水章吾日下由美 神奈川県横浜市、北海道函館市 オーシャン東九フェリー(現:オーシャントランス)東京港徳島港小倉港航路
7 1995年8月12日 瀬戸内・潮騒の女・夜霧のフェリー激突事故!! 小樽-松山 不倫の男女が狙われた 香坂みゆき島かおり高津住男 愛媛県松山市 三宝海運ほわいとさんぽう2神戸港今治港松山港航路)
8 1996年9月14日 高松-神戸ジャンボフェリー殺人海峡・ガラスの墓標と妻の謎に事件の接点が… 若林志穂山村聰津嘉山正種隆大介日向明子 香川県高松市 関西汽船2代目生駒丸
番外 1997年9月13日 1000回記念作品 復讐法廷(主演:浅野ゆう子) 高橋英樹が杉崎船長役でカメオ出演
9 1997年9月27日 愛と死の殺人海流・レインボーシティと波浮の港・二つの東京、潮の匂いのする人妻 石野真子平泉成井川比佐志ヨースケ(現:窪塚洋介) 東京都お台場大島町 東海汽船さるびあ丸
10 1998年9月26日 太平洋殺意のうず潮・夫殺し! 犯行時 若妻は宮崎行フェリーに乗っていた… 二重人格の謎 大寶智子桂小金治中島久之須永慶 東京都、宮崎県 マリンエキスプレスパシフィックエキスプレス
11 1999年10月14日 狙われた密会航路・南国土佐・杉崎船長を誘惑した謎の女…盗撮の罠! 25年目の夫婦に別れの危機が 多岐川裕美小林健川合伸旺潮哲也 東京都、高知県 ブルーハイウェイラインさんふらわあ くろしお
12 2000年12月2日 殺意の密室航路・仙台-苫小牧-函館 豪華フェリーで大物代議士が殺された 嵐の相続争い! 真犯人は妻か愛人か秘書か 姿晴香寺田農田島令子柴田侊彦 北海道函館市 太平洋フェリーきそ(初代)
13 2002年8月10日 豪華フェリー殺人事件・名古屋-函館38時間 御前崎沖に浮かんだ謎の漂流死体…愛と死の霧笛 真犯人は船客の中にいる 大島さと子江原真二郎伊藤高 北海道函館市、愛知県名古屋市 太平洋フェリー、きそ(初代)
番外 2006年7月8日 新船長の航海事件日誌超豪華客船殺人航路

スタッフ 編集

エピソード 編集

  • 杉崎船長役の高橋英樹、実は船には弱く船酔いしやすいとのこと。後日、トーク番組で告白。
  • 函館港に係留されている函館市青函連絡船記念館摩周丸のシーサイドサロンには、第5作でロケに訪れた高橋英樹と音無美紀子が、撮影の合間にロープ結びに興じるスナップ写真が公開されていた。


Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事は高橋英樹の船長シリーズにあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki